福岡デザイナーズショーコンテスト参加デザイナー募集!

FUKUOKA ASIA DESIGNERS SHOW 2020

コンテスト参加デザイナー募集!

 

福岡アジアデザイナーズショーとは?

 

次世代のデザイナー発掘及び人材育成を目的に、株式会社クォンタイズ(ドレスブランドQuantize主宰)が

福岡市と共催で取り組むプロジェクトです。

開催第一回目となる初年度は、リニューアルされたばかりの福岡市美術館を舞台に、世界で活躍する衣装デザイナー

ARAKI SHIRO氏を迎え、トークショーやファッションショーを開催決定。

ファッションショーでは,デザイナーズショーコンテストで選ばれた学生や若手ザイナーによる作品を発表します。

 

ファッションショー企画概要

 

・開催日:2020年3月14日(土)

・会場:福岡市美術館内

・主催:株式会社 Quantize

・共催:クリエイティブ福岡推進協議会(事務局:福岡市経済観光文化局コンテンツ振興課)

 

・企画構成

① ARAKI SHIROトークショー 15:30〜17:00 場所:ミュージアムホール

② ARAKI SHIRO ファッションショー 18:00〜18:30 場所:美術館内正面階段

③デザイナーズショーコンテストファイナルステージ結果発表&アフターパーティ 19:00〜21:00

場所: 2階 レストラン プルヌス

 

福岡アジアデザイナーズショーコンテスト企画概要

 

ファッションデザイナーを目指している皆さんの活躍の場を広げようという趣旨で、九州在住の学生、

または九州在住のデザイナーの皆さんからデザイン画を公募します。

厳しい予選を勝ち抜いたファイナリストの方は、3月14日に福岡市美術館で開催決定のARAKI SHIRO氏の

ファッションショーの前座に出場権を獲得。作品の発表の場としてデビューします。

 

 

【応募条件】

 

①18歳以上(高校生を除く)で,以下のいずれかの条件を満たず方。国籍は問いません。

・ファッションデザイナーを目指し,九州を拠点に活動,在学している個人,または独立を予定している企業内デザイナー

・自身のブランドを立ち上げて3年以内であること。

(年齢上限なし。ブランドをまだ立ち上げていない方でもOKです。)

②公の場で未発表の作品であること。

③3月14日のショー本番にコンテスト衣装を2体出展できること。

④3月14日のショー本番にデザイナー本人が出席可能なこと。

⑤ショー前日(3月13日夕方から夜の予定)のリハーサルに参加できること。

 

【ファイナリスト特典】

 

・ファッションショー出展料は無料です。

・ARAKI SHIRO氏のショーの前座で作品を発表することが出来ます。

 

【コンテストスケジュール】

 

・コンテスト参加者公募    10月10日〜11月30日

・応募書類提出締め切り 11月30日

・第一次審査会       12月上旬

・第一次審査発表      12月半ば

・第二次審査会       2月上旬

・第二次審査発表      2月半ば

 

【コンテスト審査内容】

①一次審査:デザイン画審査

テーマと一緒にデザイン画(素材、カラー、ディテール写真を添付)を提出

②二次審査:作品審査・面接
モデルに作品を着用させ歩いてもらいオーディションをします。服のオリジナリティ、スタイリングのバランス、プレゼンテーションを含めたトータルを審査。モデルは応募者が手配してください。

※二次審査で選ばれた方全員ファイナリストとして3月14日のショーに出場!

③最終審査:3月14日のショーに出場。審査員とお客様からの評価でグランプリが決定します。

 

【審査員紹介】

ARAKI SHIRO(ARAKI SHIRO デザイナー)

日本出身のCostume Designer。
イギリスの芸術大学 Arts University Bournemouthにおいて、大学院 修士課程を首席にて卒業。
同年、MA Outstanding Contribution Prizeを受賞し、英 老舗新聞Daily EchoのNews欄にて、一面に取り上げられる。コンセプトは、「非日常空間の創出」。人工的、自然的な素材をMIXして生み出される有機的なフォルムづくりをクリエーションの特徴としている。また、前衛的なcostume objectをメインとした異分野との実験的コラボレーションに力を注いでおり、costumeを空間における新しい生命体として位置づけ、生命が根本的に備わる 普遍性を取り戻す試みを行っている。
 手掛けたアーティストは、
LADY GAGA/MISIA/柴咲コウ/蛯原友里/ゆず/小柳ゆき/永瀬正敏/乃木坂46/櫻坂46/Flowerなど

 

 

増田絵莉香(Quantize クリエイティブディレクター

大阪府出身

幼少期からファッション関係の仕事をしていた両親に影響され、小学生でパターンナーを目指し独学で服作りをスタート。大阪文化服装学院卒業。大手アパレルメーカーで7年間修行をした後、パリコレブランドのチーフパターンナーを務め、2018年に独立。メゾンブランドのデザイン、パターン、生産管理までを担うアパレル会社を設立。ベッドフォード(BED j.w. FORD)ミラノコレクションや元メゾン・マルジェラのデザイナーが発表したミスターイット(mister it.)などのチーフパターンを請負い、現在では広告スタイリング提案や店舗バイイングなど幅広く活動。国内はもちろん、各ブランドのフォローアップでアジア、ヨーロッパ、アメリカなど世界を飛び回り、LAでは世界的にも有名なセレクトショッ「Maxfielにオリジナルデザイン制作の一点ものを卸し、著名な海外アーティストからのオーダーも受けている。2019年にドレスブランドQuantizeのクリエイティブディレクターに就任。

 

【主催ブランドプロフィール】

Quantize(クォンタイズ)

Quantize は、ドレスブランドとして、ファッションを“着る”だけでなく“見る”ことでも楽しみを与えるエンターテイメントをコンセプトに 2006 年に現代表取締役の川野季春が設立。アパレル部門では、NY や パリファッションウィーク、ドイツ在ベルリン日本大使館など海外で作品を発表し、既存のファッションの概念にとらわれない自由な発想から生まれる独自の世界観で人々を魅了している。 現在は衣装製作のみならず、百貨店・学校行政・などの制服製作の OEM や、ファッションショーの企画や運営と、幅広い分野で活動している。

 

【応募方法について】

下記種類を郵送、FAXまたはメールにて実行委員会宛てにお送りください。

  • 応募用紙(5ページに添付の応募用紙をご使用ください。)
  • オリジナルデザイン画(原画またはカラーコピーをお送りください。サイズは自由です)
  • 何点でもご提出いただだいて構いません。
  • デザイン画は色付だけでなく、コラージュなどして世界観を表現いただいても結構です。
  • デザインテーマとともに素材、ディテール写真を添付して提出してください。
  • デザインコンセプト

※デザインを複数提出される方は、各々にコンセプトをつけてご提出ください。

 

【留意事項】

  • 応募いただいたデザイン画はご返却できませんので、原画をお送りされる方はコピーを取り保管してください。
  • 一次審査を通過後、二次審査でデザイン画と作品が著しく違う場合は、審査の対象から外れる場合がございます。(デザイン画をどれだけ忠実に仕上げているか審査基準にさせていただきます。)
  • 作品制作にかかる材料費、当日の搬入費などは各自でご負担ください。
  • ショー出演のモデルは主催側で選定させていただきますので、あらかじめご了承ください(二次審査のモデルは応募者がご手配ください)。
  • ショー前日にリハーサルがございます(3月13日夕方~夜)。必ずご参加ください。

 

■【応募先】

福岡アジアデザイナーズショー実行委員会

〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松3-16-62-101 ㈱Quantize 内

TEL/FAX 092-791-2522(平日10時〜19時)

EMAIL: info@quantize-dressline.com

 

PAGE TOP