ジューンブライドのドレス

グーテンターク!

日本ではちょうど梅雨のうっとうしい季節に入りましたが、、、

ヨーロッパの6月は1年中で最も雨が少なく良いお天気が続くことに加えて

復活祭も行われる時期であることから、ヨーロッパ全体が祝福ムードで溢れ、

6月の花嫁は幸せになれるとする説などがあります。

ジューンブライド(june bride)、6月の花嫁、6月の結婚。

古くから6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができるという言い伝えがありますね。

ギリシャ神話の主神ゼウスのお妃ヘラ(ローマ名ユノ、英語名Juno)という女神が由来。

ヘラは最高位の女神で、結婚・出産を司り、家庭・女性・子どもの守護神と云われていて、

ヘラが守護している月が6月のため、英語で6月がJuneとなったそうです。

また、ヘラを祭る祭礼が6月1日に催されたことから、

結婚式を6月に挙げと女神ヘラの加護を受けて生涯幸せになれると

いわれる習慣ができたとされています。

さて、先日ご結婚されましたジューンブライドのC春さま。

Dsc06369

旦那様のオッチー氏とQuantizeはお友達ということで

結婚式にご招待していただきました~

元インテリア系のお仕事で知り合ったお二人。

なんともオシャンティなカップルです💓

Dsc06374

Quantizeが手がけたC春様のカクテルドレスは

この季節にぴったりのグリーンブルー

Dsc06359

鎖骨がセクシーで、でも品のあるデザインです。

取り外し可能のバックスタイルも素敵☆

Dsc06363_3

ちょっとアンティークでこだわりのこのヘッドドレスもハンドメイド

Dsc06325_2

いや~それにしても

笑顔いっぱい幸せいっぱいの結婚式で感動しました~(涙)

結婚式に出席すると幸せいっぱいで

いつも結婚願望が高まるジャーマネきゃあでございました!!(笑)

Dsc06396

オッチー、千春ちゃん、末永くお幸せに💓

PAGE TOP